2009年02月04日

リニア始発候補 品川調査に協力(JR東日本)

本日の日経新聞本紙の東京・首都圏経済面に出ていましたね。

リニア始発候補 品川調査に協力(JR東日本)

東日本旅客鉄道(JR東日本)の清野智社長は三日の記者会見で、リニア中央新幹線の首都圏側始発駅候補として検討されている品川駅について、「(地質などの調査に)できる範囲で協力していきたい」と述べ、前向きな姿勢を示した。
首都圏と中部圏を結ぶリニア中央新幹線は、東海旅客鉄道(JR東海)が2025年の開業を目指している。松本正之・JR東海社長が一月にJR東日本の清野社長を訪ね、品川駅地下の地質調査などについて協力を要請していた。
品川駅には東海道新幹線が停車するほか、再拡張工事が進む羽田空港へのアクセス拠点にもなっている。リニア新幹線が実現すれば、山梨県、長野県に設けられるとみられるリニア中間駅の周辺住民にとってもメリットが大きい。


個人的には名古屋までではなく、関西まで繋がってくれたら超便利なのですが、2025年には関西で暮らす両親も高齢過ぎるなぁ〜

posted by fn at 22:04 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(1) | 品川・港南周辺情報
この記事へのコメント
ステキなブログですね。seesaaのランキングサイトから飛んできました。旅は人の心を豊かにさせますね。今年の旅行の予定は決まりましたか?FC2で旅行関係のブログを書いてます。
http://tavivito.blog62.fc2.com/

★相互リンクを張りませんか?
リンク仲間と共にアフィリやアクセスアップにも力を注いでます。ブログジャンルは問いません。よろしくお願いします。こちらにメール下さい。
plaza.rakuten.hotelman@gmail.com
(URLとブログ名を明記して下さい)ではまた来ます。
Posted by 旅行好きのためのブログ at 2009年02月06日 07:00
JR東海はリニア計画実現のために、本年度の大卒社員の大量採用を行いました。これで本気でリニアをやる気なのだと決意のほどが分かった気がします。
新幹線品川駅真下付近から全線シ-ルド工法で掘削し、新幹線のほぼ真下を掘り進み、東神奈川付近で横浜線真下を掘り進むように方向を変え橋本駅付近で地上に出て、その後は津久井湖、相模湖付近に沿って山梨県実験線に接続すると聞いています。

品川駅関連の鉄道では来年、成田空港-北総開発鉄道-京成高砂-都営浅草線-京浜急行品川-京浜急行羽田空港を結ぶ特急が開業します。北総開発鉄道が延長されて成田空港に達するためで、今後成田空港へは一番の近道になります。北総線内は160km運転で、都営線内にも将来は2箇所の追い越し設備が設置されます。
また数年後に東海道線中距離電車は高崎線、東北線、常磐線と相互直通運転が開始されます。
Posted by 品川クラシックカ-レビュ-、港南夏まつり主催者 at 2009年04月13日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113681913

※ トラックバックを送られる方へ ※
当サイトでは頂く「トラックバック」は訪問して頂いた方にとても、大変お役に立つ情報であると考えています。
そのため、記事に少しでも関係のある物に関しましては大歓迎ですが スパム対策のため、いただいたトラックバックはチェック後に公開する仕様としております。
当サイトでは、以下のようなトラックバックは拒否させていただいております。該当するモノは公開できませんので、ご了承願います。
■記事と全く関連がないと判断される物
■「宣伝」「誘導」を目的とした物

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック

g00D106EJRg71m7706B064044066
Excerpt: JR東海で検索してみました。ブログなんか結構あります。気になるものだけ記録して...
Weblog: JR東海
Tracked: 2009-02-06 16:42

このブログについて | コメント・トラックバックについて | 著作権について | 個人情報の取り扱いについて
Copyright(C)  ITエンジニアだって湾岸ライフ All rights reserved. Since 2005
(powered by Seesaa BLOG)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。