2013年11月09日

JR 都心と羽田結ぶ新路線整備検討

新駅と一緒に検討して頂きたい!

JR 都心と羽田結ぶ新路線整備検討

2020年の東京オリンピック開催を機に羽田空港の利用拡大が見込まれるなか、JR東日本は、東京都心と羽田空港を結ぶ新しい鉄道路線を整備する検討に入りました。課題となっている都心の交通インフラ整備を巡る検討作業が、本格的に動き出すことになります。

関係者によりますと、JR東日本が検討に入ったのは、山手線の田町付近から海岸部を通って羽田空港方面に向かう現在休止中の貨物線を活用した新しい鉄道路線です。空港付近でトンネルを造って貨物線と空港とを直結させ、都心から列車が直接乗り入れるルートを軸に検討を進める方針です。
2020年の東京オリンピック開催を機に羽田空港の利用客がさらに増加することが見込まれるのに対し、JR東日本は、子会社の東京モノレールでは輸送力に限界があるため、今回の新線の整備によって、増大する需要を確実に取り込みたいねらいがあります。
JR東日本は、今後、新線の実現に向けて、建設費を確保する手段やトンネルの整備方法などの課題について検討を進める方針です。
オリンピックに向けては、都心にトンネルを造って東西の私鉄路線をつなぎ、成田空港と羽田空港を結ぶ「都心直結線」構想も議論されていますが、今回JR東日本の動きが明らかになったことで、都心の交通インフラ整備の検討作業が、本格的に動き出すことになります。

交通アクセス改善が課題に
羽田空港の利用拡大に伴って、鉄道の乗り入れなど交通アクセスの改善が課題になっています。現在、東京都心から羽田空港への鉄道路線のアクセスは主に2つです。
▽まず、泉岳寺や品川から蒲田を経由して羽田空港に乗り入れる「京浜急行電鉄」。京浜急行は都営地下鉄浅草線や京成電鉄と相互乗り入れを行い、成田空港から羽田空港まで直通運転も行われています。
▽もう1つは、山手線や京浜東北線の浜松町から羽田空港に乗り入れる「東京モノレール」。昭和39年の開業で、羽田へのアクセスを長年担ってきました。現在ではJR東日本の子会社です。

JR東日本の新線構想
これらに続く第3のアクセス線を整備したいというのがJR東日本の考えです。具体的には貨物線を活用する案です。羽田空港がある東京港周辺には横浜方面にかけて「東海道貨物線」と呼ばれる貨物線があります。このうち現在使われていない区間の再活用や新たなトンネルの整備によって羽田へのアクセスを確保しようというものです。

過去にも構想
実は、このルートによる羽田へのアクセス線の構想は過去にもあり、平成12年、当時の国の運輸政策審議会はこの貨物線を活用した羽田アクセス線の整備を検討すべきだする報告をまとめていました。その後、構想に前進は見られませんでしたが、地元自治体は今もこの貨物線の活用を要望しており、東京オリンピックを機に再び浮上してきたのです。

アクセス改善の動き
羽田へのアクセスを巡っては、東京・丸の内の地下を通って西側の京浜急行電鉄と東側の京成電鉄とを結ぶ「都心直結線」の構想も浮上しています。実現すれば、都心と成田や羽田が短時間で結ばれるうえ、成田から羽田まで短時間で移動できるようになると期待されていますが、多くの費用と時間がかかる見込みです。
今回、JR東日本がみずから羽田へのアクセス線の検討に乗り出したのは、ほかの交通機関に対抗するために先手を打つというねらいもあるとみられます
posted by fn at 19:02 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 品川・港南周辺情報
この記事へのコメント
羽田空港の拡大は、このあたりの住民にとって良いことばかりではないかもしれません。
都心上空に航路が設定されると、このあたりはC滑走路の延長線上にあるので、騒音に悩まされると思います。
こちらのホームページに詳しく紹介されています。
http://www.rose.sannet.ne.jp/na_iwata/tosinru-to.html
東京タワーがあるので、航路をまっすぐ引かれることはないかもしれませんが。
Posted by 近所の者です。 at 2013年12月11日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379790901

※ トラックバックを送られる方へ ※
当サイトでは頂く「トラックバック」は訪問して頂いた方にとても、大変お役に立つ情報であると考えています。
そのため、記事に少しでも関係のある物に関しましては大歓迎ですが スパム対策のため、いただいたトラックバックはチェック後に公開する仕様としております。
当サイトでは、以下のようなトラックバックは拒否させていただいております。該当するモノは公開できませんので、ご了承願います。
■記事と全く関連がないと判断される物
■「宣伝」「誘導」を目的とした物

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック

このブログについて | コメント・トラックバックについて | 著作権について | 個人情報の取り扱いについて
Copyright(C)  ITエンジニアだって湾岸ライフ All rights reserved. Since 2005
(powered by Seesaa BLOG)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。