2014年07月25日

「(仮称)品川駅・田町駅周辺まちづくりガイドライン2014(案)」で気づいた3つの重要なこと

待ちに待ったJR新駅の発表が先月あったかと思えば、今月は東京都から「(仮称)品川駅・田町駅周辺まちづくりガイドライン2014(案)」の意見募集があり、一気に動きが出てきました。

その発表からもう一週間以上経ってしまったのですが、このブログを読んでくださっている特異な?方ならすでに内容はご存知のことと思いますので、私の嬉しい発見を3つだけご紹介できればと思います。

ずばり!

1. JR山手線新駅へのアクセス問題
2. 港南四丁目交差点に首都高出入口できる!
3. 将来的にも眺望確保!

です。

ひとつひとつお話させて頂くと・・・

1. JR山手線新駅へのアクセス問題
先月のJR東日本が発表した山手線新駅のイメージ図では東側への通路がない!と一部ニュースで指摘されておりました。実際にもイメージ図では山の手側への通路しか書かれていなかったのです。まぁ、個人的にはこれはJR東日本としてはJR東海が運航する東海道新幹線を超えて通路を書くわけにはいかないというお家事情かと思っていましたが、今回はさすがに東京都の構想ということできっちり通路を書いてくれました!
WS000002.JPG

2. 港南四丁目交差点に首都高出入口できる!
今回の東京都の発表でこれが一番のサプライズだったと思います。
WS000003.JPG
大きく点線で○に囲み、「首都高へのアクセス検討」とあります。
ここに首都高への出入口ができると、我々のような近くに住む人も便利ですし、高輪側の人たちもこの道を通る機会が多くなるでしょう。
ということで、現在更地になっている元日本通運倉庫の空き地の次の使用用途が俄然気になってまいりました。風の道確保の関係であの場所は高さが制限されているでしょうから高層マンションというわけにはいかないので、交通量を確保した上での商業施設ということになれば嬉しいですね。

3. 将来的にも眺望確保!
さて、最後は超個人的なことです・・・
芝浦水再生センターの上部公園化と風の道確保の方針で私の部屋からの西側眺望は将来的にも確保されることは確実な状況になってきました!
すでに芝浦水再生センターの蓋は完全に閉じられ、更にその上に土が盛られているのが現在の状況です。今後は緑で埋め尽くされるんでしょうね。新駅への通路もありますから、夜でも通りやすいようにある程度の明るさは確保して欲しいです。

え〜っと、これ実現するのっていつでしたっけ?
posted by fn at 13:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 品川・港南周辺情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/402545742

※ トラックバックを送られる方へ ※
当サイトでは頂く「トラックバック」は訪問して頂いた方にとても、大変お役に立つ情報であると考えています。
そのため、記事に少しでも関係のある物に関しましては大歓迎ですが スパム対策のため、いただいたトラックバックはチェック後に公開する仕様としております。
当サイトでは、以下のようなトラックバックは拒否させていただいております。該当するモノは公開できませんので、ご了承願います。
■記事と全く関連がないと判断される物
■「宣伝」「誘導」を目的とした物

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック

このブログについて | コメント・トラックバックについて | 著作権について | 個人情報の取り扱いについて
Copyright(C)  ITエンジニアだって湾岸ライフ All rights reserved. Since 2005
(powered by Seesaa BLOG)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。